仏像部 > 仏像部員の日記 > たなはしっかり! > 「越後よいとこ幾度もおいで」

「越後よいとこ幾度もおいで」 

2012.05.29 01:03

と、呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン。
先日越後へ笹団子を作りに行って参りました、たなはしっかり!です。

いつもべらぼうにうまい笹団子を作って送ってくれている伯母の元で、
笹団子ワークショップを決め込み出来上がったのがこちら。

あ、やだ!まちがえちゃった!
これ笹団子マンだった!
こちらが本当。下記参照。
(どうでもいいけど、笹団子マンってなんとなくあき竹城っぽくない?気のせい??)

茹でた後に干される笹団子 in 納屋。
毛先15センチでかわいいは作れる(エッセンシャル)っていうけど、笹団子だって自らの手で作れたよ!
お土産物屋さんで売っている笹団子よりも大きくて、ナチュラルで、おいしい。

で、新潟と言えば笹団子をはじめ南蛮海老様や日本酒などなどおいしいものでも有名ですが
仏像シーンで外せないのが木喰仏。はい、出会ってきましたスマイリー仏。

冬は白鳥の飛来地として有名な長嶺大池のほとりに建つ西光寺(柏崎市)。
こちらには、木喰88歳(!)米寿を迎える年に彫った十二神将がおわします。

木喰が彫った仏像群は、現存が確認されているだけで650体(!!)と言われていますが、
その中で十二神将を彫ったのは、栃木県鹿沼市の等持院に残るものと、西光寺と、2セットだけなのだそうですよ。

持ち物や衣装もだいぶ省略されているので、誰がどれだかわからんちんなのですが、
眉をギュッと寄せたしかめ面、不敵な笑み、こぼれる笑顔…皆、表情豊かで
体つきやポージングの素朴さも相まって、たいへんユーモラス。

身体は白木のまま、唇と目のみ、色が塗られていたとか。

この中の一体が木喰さんの自刻像だと言われていると聞いて、
どれだどれだと探してみたところ…

この溢れるドワーフ感…もしや…!
ひときわ笑顔でセンターを決めている髭のおいちゃんがそうみたい!
十二神将総選挙、不動のレギュラーポジション!
行かれた方は是非、木喰さん(自刻像)探ししてみてください。

おわり。

■西光寺
柏崎市西山町長嶺813
0257-48-3193

コメント

コメントをお寄せ下さい。

BTUTUS