仏像部 > 仏像部員の日記 > 1730 > ブラ多聞 [1730]

ブラ多聞 [1730] 

2012.06.20 22:53
仏像部リレーブログ今回は九州の33ヵ寺を巡ってきたばかり
スタミナ切れ気味の1730です。。

地方地方を巡ってよく仏教に関連する地名に出会います
例えば「六地蔵」や「六道の辻」など

こういう地名を聞くと仏教文化が地域に根ざしているのだな~と
旅行気分に浸るわけなのですが、実は仏像部の面々が住んでいる
東京にも数多くの仏教にちなんだ地名があることが
調べてみて分かりました!

きょうはちょっとそんな仏教にちなんだ都内のスポット
紹介したいと思います。

まずは有名なスポットとして
東急大井町線自由が丘駅のとなりにある「九品仏



——————————————————-
名称の由来は、地元に存在する寺の名称が由来。
九品山唯在念仏院浄真寺。浄土宗。

1678年、奥沢城跡地に創建された。今も土塁が残る。
三仏堂(上品堂・中品堂・下品堂)に
それぞれ3体の阿弥陀如来像が納められているのが、その名前の由来。

※はてなキーワード 九品仏より
——————————————————-

好きな雑貨屋さんがあったり、一緒に上京をした友人が
住んでいたりと何かと縁深い土地だったのですが
暫く「浄真寺」の存在は知らず初めて訪問した時には
ずらっと並ぶ仏像の姿にびっくりして、
都会なのに森に囲まれたこの場所がとても気に入りました。

9体の佛の頭が青いことを当時仏像知らなかった自分は
爆笑するしかありませんでしたw
すみません!

お次は「北千住
——————————————————-
勝專寺の寺伝によれば、1327年(嘉暦2年)に
新井図書政次が荒川で網で千手観音像を拾い、
この地を千手と呼んだことに由来するという。
この像は息子でありこの寺の開基でもある
新井兵部政勝によって同寺に移安されたとしている。

※wikipedia千住より
——————————————————-
浅草寺と同じ網で観音像を拾う伝説です。(浅草寺は聖観音)
観音像はよく海で拾われますw

ちなみにこの勝專寺は閻魔様の縁日である1/15や7/15などに
180cmの閻魔大王坐像を開帳をしています。
その日は参道に屋台が並びお祭り気分を
味わうことができます。



どんどん行きます
次は「目黒

——————————————————-
五色不動(ごしきふどう)とは、五行思想の五色(白・黒・赤・青・黄)の
色にまつわる名称や伝説を持つ不動尊を指し示す総称。

東京の五色不動は、目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動の5種
六個所の不動尊の総称。五眼不動、あるいは単に五不動とも呼ばれる。
このうち、目黒と目白は山手線の駅名ともなり、特に目黒は区名ともなった。

※wikipedia五色不動より
——————————————————-
この五色不動は目の色が赤かったり、青かったりするワケではなく
東西南北中央の五方角を指すようです。

でも“目”を入れるあたり、
不動明王の迫力は目にあるってことを表していますよね


不動:瀧泉寺(天台宗)  最寄り駅:JR目黒駅 徒歩15分
不動:教学院(天台宗)   最寄り駅:東急 三軒茶屋駅 徒歩2分
不動:永久寺(天台宗)   最寄り駅;三ノ輪駅 徒歩1分
最勝寺(天台宗)    最寄り駅:平井駅 徒歩約20分
不動:金乗院(真言宗)  最寄り駅:学習院下 徒歩2分
不動:南谷寺(天台宗)   最寄り駅:南北線 本駒込駅徒歩2分

なぜか目黄不動だけ2つあるようです
明王ミステリ~


次からは、え?!って思う場所「八王子
——————————————————-
「八王子」という地名は、全国に分布しています。それは、
牛頭天王(ごずてんのう)と8人の王子(八王子)をまつる信仰の広がりの中で
八王子神社や八王子権現社(ごんげんしゃ)が建立され、地域の信仰を集め始め
るとともに、地名として定着していったからです。

牛頭天王をまつる信仰は、もともとインドから
中国を経て伝わってきたものですが、わが国では、
疫病や農作物の害虫そのほか邪気を払い流し去る神として、
古代より定着したようです。

中世には、その8人の子を眷属神(けんぞくしん)
(主神に従属する神々)とし、あらゆる人間の
吉凶を司る方位の神として全国に広がっていったといいます。

※八王子市のHPより
——————————————————-
祇園八坂神社の祭神といえば・・の牛頭天王
彼は八大龍王の沙羯羅龍王(しゃかつらりゅうおう)の娘である
頗梨采女(はりさいじょ)との間に8人の王子が生まれました。

[1]太歳神(総光天王) 本地仏⇒普賢菩薩
[2]大将軍(魔王天王) 本地仏⇒文殊菩薩
[3]歳刑神(徳達神天王)本地仏⇒観音菩薩
[4]歳破神(達尼漢天王)本地仏⇒勢至菩薩
[5]歳殺神(良侍天王) 本地仏⇒日光菩薩
[6]黄幡神(侍神相天王)本地仏⇒月光菩薩
[7]豹尾神(宅相神天王)本地仏⇒地蔵菩薩
[8]大陰神(倶摩良天王)本地仏⇒龍樹菩薩

おそ松くんよりも多いですw


そしてまさかの「用賀
——————————————————-
用賀という地名は鎌倉時代初期に勢田郷に瑜伽(梵語:ユガ)の
修験道場が開設され、後に真福寺の所有となったことから
この梵語「瑜伽:ユガ」がヨーガの地名となったといわれています。

※用賀商店振興組合HPより
——————————————————-
おっちゃんが「用賀でヨガ」とか楽しそうにジョークを飛ばしている様子が目に浮かびますが、
そのおっちゃんは至極まっとうな事を言っているのです!

用賀には気が溜まっていそうですねw



と、都民ローカルネタで恐縮なのですが普段気に留めていない中で
以外な発見がたくさんあるんだなぁと刺激を受けました!

たとえばあなたの名前も実は仏教が絡んでいたりして?!


|カテゴリ:1730コメント (2) この記事のURL

コメント

cheap hermes birkin 仏像部 » ブラ多聞 [1730]

Posted by content|2014.07.13 22:50

I have learn several excellent stuff here. Certainly value
bookmarking for revisiting. I wonder how so much
attempt you place to create any such excellent informative website.

Posted by Sausalito Ferry Schedule|2017.01.19 07:38

BTUTUS