そわか 

2012.07.09 01:40

お寺でお会いする仏像の前には、たいていその仏さまの名前を記した木札がたてかけてありますよね。
でもう一つ、名前と一緒に書かれてることが多いものというと・・真言です。

唱えることで仏さまに直接働きかけることができるという呪文ですね。
いわば直通ダイヤルというかそんな感じかもしれません。

真言はそれぞれの仏さまに専用のものが用意されていますが、けっこう言いにくいですよね。
サンスクリット語をそのまま音写したものなので、意味もさっぱりわかりません。
なのでわりとスルーしてしまう方も多いのではないでしょうか。
しかしちょっと言ってみると意外とすんなり覚えてしまうし、なんだか響きが楽しいぞ、と思ったりもするのです。

ということで、今回はつい言ってみたくなる真言をいくつか紹介します。

まずは

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

ご存知、薬師如来の真言です。
この真言はなんといっても「ころころ」がかわいらしいですよね。言ってみたくなります。
リズミカルで全体的にほどよい長さもポイント。
おそらく「他の真言はよく知らないけど薬師如来のは覚えてる」、あるいは「よく唱えてる」、という方は多いでしょう。

続いてこれもかなり好きです。

おん まか きゃろにきゃ そわか

十一面観音ですね。
このよく伸びそうな、弾力ある感じが素敵です。

これもいい。

おん あみりと どはんば うん はった そわか

馬頭観音です。
「どはんば」のエンジンがかかる感じ。馬の勢いを感じます。
馬頭観音ならではの真言だと思います。

次はこちら。

おん しゅちり きゃらろは うんけん そわか

大威徳明王です。
「しゅちり きゃらろは」の飴玉を口の中で転がす感じ。
とりあえず言ってしまいます。

これも気になります。

おん どどまり ぎゃきてい そわか

鬼子母神。
安産、子育てのご利益がある女神として信仰される鬼子母神ですが、
かつては人の子を取って食らう鬼女でした。
この真言からは彼女を怒らせると怖いんだな、ということが感じられます。

これも言わずにはいられない。

おん しゅりまりままり まりしゅしゅり そわか

烏枢沙摩明王。強面の外見とは裏腹に、真言は魔法少女モノの主人公が唱えそうなかわいらしさ。

これはどうでしょうか。飯綱権現。

おん ちらちらや そわか

かわいいです。

といろいろあるわけですが、つい言ってみたくなるという気持ちがわかってもらえたのではないかと思います。
今まで特に気にしていなかったという方は、機会があれば唱えてみるのもよいのではないでしょうか。
願いごとも届きやすくなったりするかもしれません・・!

nihhi

|カテゴリ:nihhiコメント (1) この記事のURL

コメント

e cig review 仏像部 » そわか

Posted by funny post|2014.05.12 23:13

BTUTUS