ぞう[nihhi] 

2012.03.25 20:00

仏像部リレーブログ、第三走者のnihhiですこんばんは。

天部って素敵ですよね。
如来、菩薩、明王からすると位が下ではありますが、
それだけ私たち人間に近しい存在でもあるわけです。
天部の方々の像を見てみると、その表情やポーズは実に様々で、
しかもおしゃれだったりします。
如来や菩薩は、すでに悟っていたり悟りかけていたりして
「自分をこんな風に見せよう」というような意識はないのでしょうが、
天部はまだそこまで達していないので、
「キメたい」
という「我」がちょっぴりあるのかもしれません。
親しみを覚えますね。

今回はそんなファッショナブルで個性的な天部のなかから、
私が気になる方を一人紹介したいと思います。

「五部浄(ごぶじょう)」です。

「八部衆」と呼ばれるお釈迦さまを守護する8つの種族のうち、
「天」に相当する神であると言われています。

興福寺にいらっしゃる五部浄が大変有名なのでご存じの方も多いと思いますが、
彼は象の頭を型取った冠をかぶっているのです。
とてもかわいらしいですよね。

しかし実は、かわいらしくない五部浄もいるのです。
それは三十三間堂の五部浄。
ここでは八部衆としてではなく、千手観音に仕える「二十八部衆」の一員となっています。
甲冑を着て、交差させた両手には刀を持ち、足元はサンダルです。
キマっていますね。キメている天部です。
ただ気になるのは、象をかぶっていないのです。なぜでしょうか。

三十三間堂五部浄

両五部浄を見比べてみると、興福寺ではあどけなさの残る少年の姿をしているのに対して、
三十三間堂では体格のよい強面の青年の姿。

もしかすると三十三間堂の五部浄というのは
興福寺の五部浄が成長した姿だったりするのかもしれません。
とすれば、成長した五部浄が象をかぶっていない理由も分かってきます。

それはやはり恥ずかしくなったのです。
いい歳して象かぶってる人なんて周りに誰もいないということに気付いたのでしょう。
そしていてもたってもいられなくなった彼は脱いだんですね。お気に入りだった象を。

ここでもう一人の五部浄を見てみましょう。

青梅市・塩船観音寺、二十八部衆のなかの五部浄です。
こちらの二十八部衆は鎌倉時代の作で、
現存するものとしては三十三間堂に次いで古いのだとか。

塩船観音寺五部浄

で五部浄ですが、塩船観音寺では象をかぶっているんですね。

甲冑を着て刀を持つという点では三十三間堂と同じですが、その表情はやや幼く、
少年とも青年とも取れるような印象。

これは興福寺と三十三間堂の中間に位置する、大人になる一歩手前の五部浄でしょう。
おそらく気になりはじめているころだと思います。

「俺このまま象なんてかぶってていいのかな。」

と。

そんな脱象に心揺れる思春期の五部浄なんです。

というふうに、お寺によって五部浄も象を脱いだりかぶったりしています。
二十八部衆はどのお寺のものでも、
三十三間堂の像が元々の手本になっているのだと思いますが、
実際のところ塩船観音寺の二十八部衆を造立した仏師がなぜ頭部のみ
三十三間堂スタンダードを採用せず、興福寺スタイルにしたのかはよく分かりません。
が、とにかく、オリジナルと見比べてみると色々と違いがあって楽しいのです。
それは五部浄に限らず他の二十八部衆や天部の方々も同じ。

お寺によってあれを持ってみたり、これを持ってみたり、着たり脱いだり、構えたり。
これからもそんなキメる天部のこだわりに注目していこうと思います。

nihhi

|カテゴリ:nihhiコメント (0) この記事のURL
BTUTUS