仏像部 > 2012 > 3月

ぞう[nihhi] 

2012.03.25 20:00

仏像部リレーブログ、第三走者のnihhiですこんばんは。

天部って素敵ですよね。
如来、菩薩、明王からすると位が下ではありますが、
それだけ私たち人間に近しい存在でもあるわけです。
天部の方々の像を見てみると、その表情やポーズは実に様々で、
しかもおしゃれだったりします。
如来や菩薩は、すでに悟っていたり悟りかけていたりして
「自分をこんな風に見せよう」というような意識はないのでしょうが、
天部はまだそこまで達していないので、
「キメたい」
という「我」がちょっぴりあるのかもしれません。
親しみを覚えますね。

今回はそんなファッショナブルで個性的な天部のなかから、
私が気になる方を一人紹介したいと思います。

「五部浄(ごぶじょう)」です。

「八部衆」と呼ばれるお釈迦さまを守護する8つの種族のうち、
「天」に相当する神であると言われています。

興福寺にいらっしゃる五部浄が大変有名なのでご存じの方も多いと思いますが、
彼は象の頭を型取った冠をかぶっているのです。
とてもかわいらしいですよね。

しかし実は、かわいらしくない五部浄もいるのです。
それは三十三間堂の五部浄。
ここでは八部衆としてではなく、千手観音に仕える「二十八部衆」の一員となっています。
甲冑を着て、交差させた両手には刀を持ち、足元はサンダルです。
キマっていますね。キメている天部です。
ただ気になるのは、象をかぶっていないのです。なぜでしょうか。

三十三間堂五部浄

両五部浄を見比べてみると、興福寺ではあどけなさの残る少年の姿をしているのに対して、
三十三間堂では体格のよい強面の青年の姿。

もしかすると三十三間堂の五部浄というのは
興福寺の五部浄が成長した姿だったりするのかもしれません。
とすれば、成長した五部浄が象をかぶっていない理由も分かってきます。

それはやはり恥ずかしくなったのです。
いい歳して象かぶってる人なんて周りに誰もいないということに気付いたのでしょう。
そしていてもたってもいられなくなった彼は脱いだんですね。お気に入りだった象を。

ここでもう一人の五部浄を見てみましょう。

青梅市・塩船観音寺、二十八部衆のなかの五部浄です。
こちらの二十八部衆は鎌倉時代の作で、
現存するものとしては三十三間堂に次いで古いのだとか。

塩船観音寺五部浄

で五部浄ですが、塩船観音寺では象をかぶっているんですね。

甲冑を着て刀を持つという点では三十三間堂と同じですが、その表情はやや幼く、
少年とも青年とも取れるような印象。

これは興福寺と三十三間堂の中間に位置する、大人になる一歩手前の五部浄でしょう。
おそらく気になりはじめているころだと思います。

「俺このまま象なんてかぶってていいのかな。」

と。

そんな脱象に心揺れる思春期の五部浄なんです。

というふうに、お寺によって五部浄も象を脱いだりかぶったりしています。
二十八部衆はどのお寺のものでも、
三十三間堂の像が元々の手本になっているのだと思いますが、
実際のところ塩船観音寺の二十八部衆を造立した仏師がなぜ頭部のみ
三十三間堂スタンダードを採用せず、興福寺スタイルにしたのかはよく分かりません。
が、とにかく、オリジナルと見比べてみると色々と違いがあって楽しいのです。
それは五部浄に限らず他の二十八部衆や天部の方々も同じ。

お寺によってあれを持ってみたり、これを持ってみたり、着たり脱いだり、構えたり。
これからもそんなキメる天部のこだわりに注目していこうと思います。

nihhi

|カテゴリ:nihhiコメント (0) この記事のURL

お昼休みは国宝watching、いいとも![たなはしっかり!] 

2012.03.19 01:13

最近、どんなに太っても赦される女優は松坂慶子だけ!という
ドラマ界の真理に行き着いた、たなはしっかり!ですこんばんは。
仏像部リレーブログ、第二走者にして週末ギリギリの更新…
責任とスリルを感じてロマンティックではなく動悸が止まりません。救心!

はて、今回は、先日出稼ぎ先のお昼休みに訪れた大倉集古館での見仏について。

東京タワーのお膝元、日比谷線は神谷町駅を降りて徒歩約7分。
テレビ東京を横目に、ホテルオークラを目指す坂を昇ると、本館に並ぶようにして建つのが大倉集古館。

その名の通り、実業家・大倉喜八郎男爵が長年収集した美術品を集めた美術館なんですが、実はここ、日本初の私立美術館&設計したのは、湯島聖堂や築地本願寺をデザインした伊東忠太氏なんだそうですよ。佛ネタで言うと、この伊東忠太さん「法隆寺は日本最古の寺院建築である!」ことを示した日本建築史の開祖だってちょうビッグ!

さてそんなwiki的雑学はさておき、この美術館の目玉と言えば、
言わずと知れた都内唯一の国宝仏「普賢菩薩騎像像」なわけです。
もちろんわたしもそれを目当てに行ったわけです。
あい見まえたわけです。
仏像の前に行って戻ってまた行って、ガラスケースの周りを3周回って2階の展示見てからまた戻って3周したよね…

これが…お江…戸の…ナショナルト…レジャー…!


(平安時代/木造彩色)

木像の肌の所々に残る衣の青、緑の色彩は、
わたしのお昼休みを平安の時代へと軽々と導く。
おだやかで、若々しき“知”が現れた顔立ちに心はたちまち静かになる。
ほどよい肉付きの指を合わせて合掌する左手と右手の間にはかすかな隙間があって、
それぞれの手は、わたしたちと同じように手の平を合わせている。
見慣れているかもしれないその隙間になんだかリアルを感じて、わたしはなんだかハッとした。

視線を落とす。
その先には、揺るぎないバランスで蓮華座を支えるどっしりとした白象。

白象…お前もか…!

やはり、エロ目…!

帝釈天でもおなじみ、みんな大好き白象ですが、このエロ目度にはそれぞれ個性とエロ度があるわけで、彼らの目でエロ目マトリクスを作るならば、この子は結構なムッツリ系にマッピングされるのではないかという私見です。他に狂気系エロ目、笑顔系エロ目などの分類があると思うのですが、誰かいつかまとめてくれま専科…。

平成の現在、実際に象を見るとこんな目はしていないわけで、獅子や麒麟など想像上の動物でないのにもかかわらず、結構な描かれ方をしている象に同情してしまうタナハシなのでした。例えばそれは、漫画を描き始めたキッズ達がうまく見える描写方法として(ほんとにそうなるかはしらないが)服に過剰にシワを入れることと同じように、“見たことはないけれども異国にいるらしい”リアル感の表現として、絵師・仏師の定型表現だったのかしら…なんて思いを馳せる日曜の夜なのでした。

おわり。(たなはしっかり!)

harigane [1730] 

2012.03.08 14:17

突然始まります仏像部リレーブログ

最初はグーのジャンケンで大敗を喫した
酔っくんこと1730からスタートです。。

自分はもともと旅が好きで学生の時から
美術館、建築、地方食、温泉などを求めて全国まわるうちに
“地方仏”の魅力を知り、旅の予定の中に地方仏を入れて
まわるようになりました。

自分のブログでは地方仏の紀行を書くことが多いのですが
今回はそんな旅の途中で見つけたアイテムを!

これは愛知県を旅した時に
名古屋の古着屋で見つけた針金の“祈ってる人”のかたちをした作品。

ホントはインテリアとしての一部で、売り物ではなかったのですが
思わず一目惚れし、店の人に“これを売ってください!”と
頼み込んで売ってもらいました。

ちなみに魚バージョンもあります

ちょうど先週、引っ越しをしたのですが
部屋のインテリアの一部としていい感じのアクセントになっています。

今週末は淡路島⇒香川⇒兵庫を仏像を求めて旅に出ます。

どんな出会いがあるんだろう…

うずうずしてきました

(1730)

|カテゴリ:1730コメント (2) この記事のURL
BTUTUS