仏像部 > 2012 > 4月

すっく 

2012.04.30 01:35

仏像は坐像、立像など色々な姿勢で表されますよね。
観音菩薩などは基本的に立像が多いですが、これは
「いつでもどこでも駆けつけて救ってくれる」
という活動的な観音さまの性質が反映されたもののようです。

と言っても観音さまは造像数がとても多いし、坐像を目にすることもままあります。
他の仏像、たとえば阿弥陀如来や地蔵菩薩、不動明王でも
立っていることもあれば座っていることもある、というイメージではないでしょうか。

一方で、座っている姿しか見かけない仏さまというのもいらっしゃいます。
例えば・・・同じ観音さまでも如意輪観音。
片膝を立てた「輪王坐」と呼ばれる座り方をしています。
如意輪さんといえばこのポーズ、頬杖をついてゆったりとくつろいでいるようなお姿は
魅力的ですね。

ところが、この如意輪さんも立つことがあるようなのです。
立つことがもう億劫なくらいにリラックスしているように見える如意輪さんですが、
一体何を思って立ち上がったのでしょうか。

如意輪寺・如意輪観音立像

副部長のかりさんは「昨日の夕食なんだっけな?な表情だね」と言ってましたがまさに。
如意輪さん独特のアンニュイさは薄れているような感じです。

.

続いて坐像しか見かけない方と言えば・・・閻魔王。
閻魔王はどうでしょうか。
閻魔さまと言えば、どっかと腰を下ろして裁判の判決を言い渡している姿をイメージしますよね。

しかし立ちます。
閻魔さまも座りっぱなしというわけではないのです。

樺八幡神社・閻魔王立像

裁判中に急用を思い出したりしたのかもしれません。

.

さらに、揺るぎない王者の風格を備えた大日如来。
もう動くことなどあるのかと思っていたのですがやはり立ちました。

安養寺・大日如来立像

宇宙そのものである大日如来が立ち上がるというのは何を意味するのでしょうか。
なにやらえらいことが起こりそうな気がしないでもありません。

.

坐像が圧倒的多数を占める中で敢えて立像を造った理由、

何か特別なご利益を期待されたのか、仏師がオリジナリティを出したかったのか・・・。

いろいろと想像をかきたてられる仏像です。

nihhi

|カテゴリ:nihhiコメント (1) この記事のURL

百恵ちゃんのこと。 

2012.04.24 01:37

早くもブログ2周目…!
時の流れの速さにおののいているたなはしっかり!です、こんばんは。

最近ね、わたし、気になっている人がいるの…

その人との出会いは某カラオケ店。
その日、わたしは日常のUSAを晴らすべく久しぶりに友達とJOYSOUNDっていたの。
友達(女)が「えろうすんまへん、会社用やで!練習させてな!」といったノリで
社畜をタテマエに照れを隠しながら、最近お気に入りだというゴダイゴと加山雄三を入れ、
わたしはそれに対抗するように「セーラー服と機関銃」で薬師丸って、
いつの間にか昭和歌謡歌合戦の様相を呈していったそのとき、
友達のセレクトしたその曲のイントロが流れたの…

何億光年〜 輝く星にも〜 …

わわわ、知ってる、知ってる。わたし、このうたを。
いつかCMで流れていてね、ずっと「なんていいうたなんだろう」って思っていて…

そう、そのとき画面の中に現れたのは、山口百恵。
流れた曲は、「さよならの向う側」。

これ、百恵タソだったのか !!

1980年に引退した百恵ちゃんのことは
小学生時代「ちびまる子ちゃん」を通して名前と顔と
「ひと夏の経験」(!)という歌の存在を知る程度。
松田聖子より、明菜より、キョンキョンよりも、リアルタイムから遠く離れていたので、
このすてき曲を歌っていたのが百恵タソだなんて知らなかったよ恥ずかしい!

で、この「さよならの向う側」があまりに良くて(イントロとAメロだけで泣ける)
そこからとりあえず百恵ちゃんのベストを借りる、からの、
百恵ちゃんに興味津々、に至っているわけですが…こんな本を見つけたんだよ!

どーん。これは…!言っちゃったね…!

1979年、講談社刊「山口百恵は菩薩である」…
当時ファンの間でも物議をかもし、世間的にも話題になったこちらの本。
音楽評論家の平岡正明さんが、本人へのインタビューを一切行わず、
レコードのみに向き合ってお書きになった百恵の“歌”論だそうです。
特に仏教的な言説が出てくるわけでもなく、
「なぜ菩薩なのか」も語られてはいないようですが(言い切ったもの勝ち…)
当時の百恵像をはかるための、フックになるワードな気がするよ!
山口百恵自叙伝「蒼い時」と共に一読したいと思います。
そういえば篠山紀信氏は百恵ちゃんのこと、「時代と寝た女」て言ってたよね。
湖面のように、聖と俗をその身にたたえる女、百恵…!
まだまだ興味はつきません。
(そう言われると「さよならの向う側」の歌詞も、仏教的世界観に思えてくるんだ、これが)

【おまけ】ちなみにわたしが見たCMは、これでした。↓

総集編で何本かくっついてますが、ひとつひとつの画がすごく良くて、
あの「イヒ!」の旭化成とは思えない真面目さと静けさのあるCMなので御暇な方はどうぞ。
わたしはインドのやつと、ダムのやつが好きです。
※こちらの歌唱はTeNさんという方で、このバージョンも力強くてすごく素敵。

おわり。                    by たなはしっかり!

Cambodia  [1730] 

2012.04.14 23:53

あぁ、今日も酔っ払ってます 1730です。
スミマセン・・

酔っぱらいが日課となりつつある本日、ブログ更新と相成りました。

ちょっと前のはなし、カンボジアへ旅行へ行きました。

ビールが日本円で200円くらいだし
トゥクトゥクというカンボジア式のバイクタクシーも
100円くらいで乗れるし結論、カンボジアはすごいオススメです!

カンボジアの宗教は仏教とヒンズー教の両方を受け入れていて
いろんな仏像を見ることができてかなり興奮しっぱなしの日々でした。

空港のカウンターでもいきなり仏像がおでむかえ。

こちらの仏像はカンボジアの蛇の神“ナーガ”に乗っている仏像です

アンコール・トム

タ・プロム

夜のカンボジア市街地の風景

アンコールワットの中では仏像にたくさん出会いました

こうやってたくさんの仏像に出会う中でほとんどが石像です。

木彫像の仏像はやはり日本ならではなんだなぁと感じました。

時には、象に乗って仏像をみて回ったり

うーむ、今こうやって見てみても刺激たくさんの日々だったなぁ
また行きたい!

シルクロードの仏像の終着駅
あすは奈良へ

日本の仏像の源流を眺めると
また一層、仏像に対しての深みも増します。

ぜひ時間があれば海外に飛びたってみては?!

1730

|カテゴリ:1730コメント (0) この記事のURL

本日は4月8日です 

2012.04.08 01:10

仏像部ブログリレー第5走者

仏像美容師(初めて名乗ったw)ことmomococksです!こんにちわ〜

桜の満開と共に、やっと春がやって来ましたね!

お花見シーズン真っ只中、皆様いかがお過ごしでしょうか…?

「春は別れと出会いの季節」だなんてよく聞きますが、私にとって今年の春は出会いの春のようで、何かと自己紹介する機会が多い今日この頃です。

仏像部のブログに何を書こうか考えて、色々なアイディアが浮かんでいたのですが、今回はシンプルに…こちらでも自己紹介なんぞさせていただきたいと思います。

名前 : ももこっくす

出身 : YOKOHAMA

趣味 : 仏像に会いに行くこと

好きな音楽 : ニルヴァーナ

・・・え?

これじゃ、普通過ぎてつまんないねぇ(汗)

やっぱり、仏像部なので仏像の事を書きますっ!私が好きな仏像をパッと思い浮かんだ順にただひたすら書いていきますから!

【かっこ良い仏像】

福井県 中山寺 馬頭観音さま

奈良県 興福寺南円堂 多聞天さま

奈良県  東大寺法華堂 金剛力士(阿行)さま

山梨県 放光寺 天弓愛染明王さま

【癒される仏】

奈良県 秋篠寺 伎芸天さま

岩手県 立花毘沙門堂 増長天さま

京都 雨宝院 千手観音さま

滋賀 観音定寺 聖観音さま

【泣ける仏】

神奈川 弘明寺 十一面観音さま

京都 願徳寺 如意輪観音さま

兵庫 浄土寺 阿弥陀三尊さま

神奈川 宝戒寺 地蔵菩薩さま

【ゾクゾクする仏】

愛知 浄名寺 円空仏さま

岐阜 美江寺 十一面観音さま

長野  智識寺 十一面観音さま

奈良県 元興寺 聖徳太子十六歳像さま

京都 安国寺 地蔵菩薩さま

福井 妙楽手 千手観音さま

最近はお地蔵さまが大好きで、特に時代が古く(平安初期ごろ) 僧形神像(僧侶の姿をした神さまの像)とされる方々がたまらんのですよ。つるつる頭と波打つ衣紋のコントラストが素敵ー!

例えば…

滋賀県の永昌寺

奈良県の法隆寺

同じく奈良県の融念寺

またまた奈良県の安産寺・・・

またまたまた奈良県の橘寺 伝日羅像さま

というわけで、やっぱり奈良ですねぇ・・・

今年のGWは奈良で地蔵巡り行ってきますよ!

まぁ、こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

(つづく)

|カテゴリ:コメント (2) この記事のURL

呪術のススメ part.1[キシダ] 

2012.04.01 19:20

仏像部リレーブログ、第四走者のキシダですこんばんは。
仏像部では主にデザイン全般や仏旅をする際の車内DJを担当しています。

先日、とある古本屋で素敵な本を購入しました。

『密教呪術入門 〜あなたの願いを叶える この神秘の方法〜
著:中岡俊哉

!!!!!!!!!!!!?

装丁だけでもインパクト絶大なこの本。
思わず手にとり、そのままレジへと直行しました。

内容としては序盤では呪術の歴史やその背景、
密教とは何か、呪術する上で使う“印”や
心得などのルールが書かれている。


不動明王のお力を借ります

そして、この本の大半は呪術を使う上で“念力”を増大させる
“護符”の具体的な例がサンプルとイラストとともに
分かりやすく書かれている。

その内容はオーソドックスなものから、ちょっと怖いもの、
欲深いもの、なにコレ?となるようなものまで
バラエティーに富んでとても面白い。

ごく一部ですが、抜粋して紹介していきたいと思います。

ちなみにその“護符”に多く登場する言葉で
「急急如律令」というものがあります。
災いや悪霊を「すみやかに退散せよ」という意味なのだが、
もともとは「速く律令のごとくせよ」という意味だったらしく
それが呪文として使われるようになったそうです。

まずはオーソドックスなものから。

▼長寿のおまじない

皆、健康で長生きしたいものです

▼商売繁盛のための護符

繁盛、繁栄したいものです

心身ともに健康であるため、繁盛繁栄するためには
まず人生のパートナーを見つけることが早道かもしれません。
そういう呪術ももちろんあります。

おつぎは恋愛の呪術。

▼好きな相手を引きつける方法

まずは家をつきとめることから

▼好きな人と結ばれる秘法

抜け毛でもいいらしい

長い人生の中で自分に関わる人が全て“いい人”というわけではありません。
なかには言いがかりをつけてくる人、いじわるをしてくる人など出てくるでしょう。
本来は自分で解決したりや誰かの協力を仰いだりするものですが、
不可抗力でどうしようもできない場合もあります。

いじめや、嫌がらせをうけてる場合、
相手にこちらの痛みを知らしめることが重要です。
しかし、暴力はいけません。

そういう時は呪術を使いましょう☆

▼いじめられなくなる呪い

いじめられなくしてからの

▼相手の運気を奪う秘法

相手の運気を奪いつつ

▼ライバルを蹴落とす秘法

蹴落として

▼いやな相手を呪う秘宝

最後に呪えばカンペキ☆

※決して悪用はしないでください

つづく

BTUTUS