仏像部 > 2012 > 5月

「越後よいとこ幾度もおいで」 

2012.05.29 01:03

と、呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン。
先日越後へ笹団子を作りに行って参りました、たなはしっかり!です。

いつもべらぼうにうまい笹団子を作って送ってくれている伯母の元で、
笹団子ワークショップを決め込み出来上がったのがこちら。

あ、やだ!まちがえちゃった!
これ笹団子マンだった!
こちらが本当。下記参照。
(どうでもいいけど、笹団子マンってなんとなくあき竹城っぽくない?気のせい??)

茹でた後に干される笹団子 in 納屋。
毛先15センチでかわいいは作れる(エッセンシャル)っていうけど、笹団子だって自らの手で作れたよ!
お土産物屋さんで売っている笹団子よりも大きくて、ナチュラルで、おいしい。

で、新潟と言えば笹団子をはじめ南蛮海老様や日本酒などなどおいしいものでも有名ですが
仏像シーンで外せないのが木喰仏。はい、出会ってきましたスマイリー仏。

冬は白鳥の飛来地として有名な長嶺大池のほとりに建つ西光寺(柏崎市)。
こちらには、木喰88歳(!)米寿を迎える年に彫った十二神将がおわします。

木喰が彫った仏像群は、現存が確認されているだけで650体(!!)と言われていますが、
その中で十二神将を彫ったのは、栃木県鹿沼市の等持院に残るものと、西光寺と、2セットだけなのだそうですよ。

持ち物や衣装もだいぶ省略されているので、誰がどれだかわからんちんなのですが、
眉をギュッと寄せたしかめ面、不敵な笑み、こぼれる笑顔…皆、表情豊かで
体つきやポージングの素朴さも相まって、たいへんユーモラス。

身体は白木のまま、唇と目のみ、色が塗られていたとか。

この中の一体が木喰さんの自刻像だと言われていると聞いて、
どれだどれだと探してみたところ…

この溢れるドワーフ感…もしや…!
ひときわ笑顔でセンターを決めている髭のおいちゃんがそうみたい!
十二神将総選挙、不動のレギュラーポジション!
行かれた方は是非、木喰さん(自刻像)探ししてみてください。

おわり。

■西光寺
柏崎市西山町長嶺813
0257-48-3193

まじ飛天 [1730]  

2012.05.17 14:37

佛を題材にした仏像美術家の「TETTA」さんの個展TETTA展” incloud “が
両国の“GALLERY MoMo Ryogoku”にて開催されおり
土曜日の午前中に訪問して参りました。

場所は江戸東京博物館のすぐ近く
総武本線の線路脇にある小さなギャラリーです。

嬉しいことに入場無料で時間内であれば
誰でも気軽に訪問することができます★

ギャラリーの中に入るやいなや目の前には“畳”!
畳に座って、仏像らしく和のテイストで
目の前に並ぶ飛天をモチーフにした作品を眺めます。

TETTAさんの作品は普通の仏像の絵とは異なります。

平等院鳳凰堂の雲中供養菩薩像をモチーフにした
仏像の絵は、その多くが現代的ファッションに身をまとい
来迎の姿というよりもリラックスした表情をしています。

中には「うほっ!うまそ!」ってな具合に
デザートに目を奪われている女性の姿を表している作品などもありますw

佛は元来、中性的な存在ですが、
TETTAさんの絵を見るとその多くが
その佛のもつ機能やストーリーによって
キャラクターの性別が設定され、
その個々のキャラクターとして独立した魅力が
強調されているようにも思えます。

TETTAさんはいらっしゃらなかったのですが
ギャラリーの人が“これ、どうぞ!ごゆっくり!”と
お茶を入れていただきました。
お茶を飲みつつ、アートスペースで静かな時を過ごすと
いつの間にか自分もその飛天の一部に入ったかのよう?!

会期まで残りわずかですが、
行ける方はぜひ訪問されてみてはいかがでしょうか!

[詳細]
=======================================================
会場:ギャラリーモモ 両国
〒130-0014 東京都墨田区亀沢1-7-15
電話: 03-3621-6813 ファックス: 03-3621-6814
都営大江戸線両国駅A3出口より徒歩1分、JR両国駅東口より徒歩5分

2012年04月14日 ~ 2012年05月19日
11:00から19:00まで

http://www.gallery-momo.com/

月曜・日曜・祝祭日休館
======================================================

|カテゴリ:1730コメント (0) この記事のURL

仏像の毛髪科学 

2012.05.14 00:02

お疲れ様です。

momococksでございます。

仏像美容師としては、やはり仏像のヘアスタイルが気になって仕方がないのです。

一般に、仏像のヘアスタイルといえば

これ・・・なのですが(汗))

最近では仏像のヘアスタイルだけでなく、仏像の「髪質」も気になるところです・・・

人間界では、これから梅雨というジメジメした嫌ーな季節が待っているのですが、やはりその時期になるとくせ毛の人は苦労しますよね。ストレートパーマ、もしくは縮毛矯正をかけて梅雨を乗り越える人も多いはずです。

サラサラかチリチリか、もしくはツルツルか人間と同じように仏像の髪にも違いがあるんですね。

例えば、奈良県円成寺の大日如来さま

このお方の毛流れは真っすぐです。でもちょっとだけ、汗をかくとモミアゲがくるんとしてしまうタイプですね。

でもきっと、髪を解いたらサラサラのワンレンなはず!

さらさらのワンレンといえばこちらの妙見菩薩さまですが、こちらのお方はサラサラだけでなくキューティクルがしっかりとしていて、非常に光沢のある髪質でいらっしゃいます。天使の輪ができる「サラツヤヘア」はロングヘア女子の憧れ・・・ですよね!

一方、あの有名なビックスター阿修羅さまの髪質を見てみると・・・ん?ちょっとくせ毛??

くせ毛にも「うねり系」「ねじれ系」「ちりちり系」など様々なタイプがありますが、こちらの阿修羅さまは、やや「ちりちり系」で、おそらく、梅雨時にモワーッと広がって朝のお手入れに苦労するタイプです。

「うねり系」「ねじれ系」「ちりちり系」これらのどのタイプの方も、いっその事コンローにしてしまえば朝のお手入れは楽になりますね。

そう!このお方!京都府清涼寺の釈迦如来さまのように!

(つづく)

|カテゴリ:コメント (0) この記事のURL

呪術のススメ part.2[キシダ] 

2012.05.03 19:09

皆様、GWいかがお過ごしでしょうか。こんばんはキシダです。

今回は前回に引き続き『呪術のススメ』をお送りいたします。
前回を見ていない方、すっかりお忘れになったという方は
ぜひ前の記事からご覧ください。
http://butsuzoubu.com/archives/897(呪術のススメ part1)


『密教呪術入門』中岡 俊哉 (著)

さて、前回の記事を読んでいただき
呪術とは今現在でも生活に密接しながら数多く使われ
さらに健康、お金、恋愛etc…何でも願いを叶えてくれる
とても素晴しいものというのがお分かりいただけたと思います。

一見、難しそうでめんどくさそうな呪術。
それをコミカルに誰でもわかりやすく
むしろ親しみさえ覚えるのはなんといっても
あの魅力的なイラストのおかげです。

真面目そうだけど、ちょっと抜けてるタッチだからこそ
「私にもできるかも?」「チャレンジしよう!」
という気持ちにさせてくれます。

中には「?」なイラストもあって、
さらに興味をグイグイ〜っと引っ張られます。

それでは、特に面白かったものを一部紹介していきたいと思います。

▼寝て魘われるのを防ぐ法

ぬいぐるみが、浮いてる…!

▼近火を防ぐおまじない

すっげえ燃えてるけど、めっさ冷静!さすがです!

▼水難よけのおまじない

スク水…だと…? サービスカットキターーー!

▼逃げた猫を呼び戻すおまじない

「ペロッ」「案じてればきっと猫はもどってくる!」…ホンマかいっ!

▼息の臭いのを治すおまじない

振り返りざまの毒霧っ!ではなく清水!!!!
ひとまず、歯周病を疑おうよ?

▼乳を出すおまじない

なぜに筆ーー??

レッツプレイ!

BTUTUS